研修会で講師をするのであれば、動きと言葉を結びつけると良いかもしれない

PB273518

ライフハッカー[日本版]に、動きと言葉を結びつける方法について書かれたページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

これは、動きを覚えようとする時に、その言葉と結びつけて覚えるという考え方です。

(省略)

すべての言葉に動きをつけるのはやりすぎかもしれませんが、プレゼンに注目を集めるようなジェスチャーを取り入れれば、言葉と動きが結びついて記憶しやすくなるでしょう。

研修会で講師をする際、できるだけ手元に資料を置かずに話をするように心掛けていますが、なかなか難しいものです。

最近、私は実技中心の研修会で講師をする機会が多いので、実技動作と話す内容を結びつけてみたら手元に資料を置かなくても安心して話すことができるかもしれませんね。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:長台詞を覚える役者から学ぶ「動きと言葉を結びつける」記憶術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. インターネット依存度テスト

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ