WikiReader(ウィキリーダー)日本語対応版は、オフラインでも Wikipedia を見る事が出来るので良いかもしれない

WikiReader

以前、当ブログ(ココログ)で紹介していた WikiReader の日本語版対応が発売されるようですね。

BLUEDOT 株式会社は、「Wikipedia」のコンテンツを閲覧できるポータブル電子辞典「WikiReader」(ウィキリーダー)日本語版を7月21日に発売する。オープンプライスで、実売価格は1万3000円前後。

今回、WikiReader 日本語対応版では若干、変更があるようです。

電源は単4型電池2本で、1日15分使用した場合の動作時間は最大1年間。

以前の WikiReader では単3電池2本で数カ月動作するとの事でしたが、WikiReader 日本語対応版では電源が単4型電池に変更するとの事なので、WikiReader 日本語対応版を購入した場合にはエネループと組み合わせて使ってみたいですね。

私は読み物として Wikipedia(ウィキペディア)を見る事が多いので、WikiReader の日本語版対応があれば、待ち合わせの際などでもオフラインで Wikipedia を見る事が出来るのは嬉しいです。

WikiReader 日本語対応版を購入したら、常に私の鞄の中に入っている事になるでしょうね。

興味のある方はご覧下さい。

INTERNET Watch:Wikipedia を収録したポータブル電子辞典「WikiReader」日本語版

ピーナッツブログ(ココログ):WikiReader 日本語対応版の発売が楽しみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. ICZ-R50

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ