セラピストは、たん吸引が医療行為であるという事を忘れてはいけない

asahi.com にセラピストのたん吸引が解禁される事について書かれています。

厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」(座長・永井良三東京大教授)は19日、医師、看護師のほかは認められていない患者のたん吸引について、リハビリテーションを担う理学療法士や言語聴覚士、作業療法士にも解禁すべきだという報告書をまとめた。同省は4月にも通知を出し合法化する。

(省略)

今回、合法化することで医療サービスの質が向上するだけでなく、人工呼吸器をつけて在宅で療養生活をする小児や高齢者の介護を支える戦力が増えることになる。

(後略)

今回の合法化によって理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床工学技士へたん吸引が解禁されるとの事です。

在宅リハビリテーションに関わっているセラピストの方にとっては良い事と捉えるべきなのでしょうか。

しかしながら、セラピストは、たん吸引が医療行為であるという事、たん吸引を行う事によって医療事故を起こしてしまうかもしれないという事を忘れる事の無いようにしなければなりませんね。

興味のある方はご覧下さい。

asahi.com:たん吸引、理学療法士や作業療法士にも解禁へ

厚生労働省:チーム医療の推進に関する検討会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ