OM-D シリーズのハイエンドモデルには、像面位相差 AF を搭載した最高の撮像素子が採用されるかもしれない

R0014749

デジカメ info に、オリンパスの5軸手ブレ補正の技術提供に関する記事が投稿されています。

私が気になったのは以下の部分です。

そして、複数のソースによると、オリンパスは、5軸手ブレ補正の技術もソニーに提供するということだ。

(省略)

その見返りとして、オリンパスはソニーから像面位相差 AF を搭載した最高のセンサーを得ることができるだろう。オリンパスが、ソニーと共同でより大きなセンサーのミラーレス機を造る計画があるかどうかはまだ分からない。

先日のデジカメ info にて、オリンパスが将来のOM-D シリーズのハイエンドモデルのために像面位相差 AF を採用したソニーの撮像素子を得たとの投稿がありましたね。

興味のある方はご覧下さい。

デジカメ info:ソニーの次の A マウント機にはオリンパスの技術を使った手ブレ補正(5軸 SSM)が採用される ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. OM-D 前面

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ