OM-D シリーズのハイエンドモデルには像面位相差 AF が採用されるのか

R0014700

デジカメ info で、OM-D シリーズのハイエンドモデルに関する記事が投稿されています。

信頼できるソースによると、オリンパスは将来のハイエンド OM-D にための像面位相差 AF を採用したソニーの新世代センサーを得たということだ。

(省略)

私は次世代の OM-D の情報を収集しているところで、現在得られている未確認の情報によると、次世代 OM-D にはいくつかの小さなサプライズがあり、そしてこれまでのオリンパス機に採用されていない新技術が採用されるかもしれない。

この像面位相差 AF を採用することによってフォーサーズ・レンズの AF が高速化されるのであれば、この OM-D シリーズのハイエンドモデルはとても興味深いですね。

興味のある方はご覧下さい。

デジカメ info:オリンパスの新型 OM-D には像面位相差 AF が採用される ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. 新型マイクロフォーサーズ?

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ