セラピストが、相手に嫌な印象を与えずに No と言う方法

PB123485

ライフハッカー[日本版]に、相手に嫌な印象を与えずに No と言う方法について書かれたページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

「No」を言いすぎない

それは、自分のボキャブラリーから「Yes」を削除してしまわないこと。「No」と言うことに慣れて、決断したことによって得られる自由な時間に浸ってしまうと、ただやりたくないという理由で「No」を連呼してしまうようなことになりかねなせん。

(省略)

「No」のパワーは底知れぬものです。その力に溺れてしまわないように、「Yes」も使ってバランスを取りましょう。

私もスタッフ間や他職種とのバランスを意識して、上手に No を言えるようにしたいものです。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:嫌な印象を与えずに「No」と言う方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. 2011.01.03

    新年の挨拶
  2. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ