敬語は、外国語のつもりで覚えると良いかもしれない

R0013367

ダイアモンド社のサイトに、敬語を学ぶ際に参考になるページがありました。

私が気になったのは以下の部分です。

敬語を習得する近道は、外国語だと思って勉強することです。

知らない言語を学ぶのだと、割りきって覚えてしまいましょう。

(省略)

最も投資効果が高い語学研修だと考えて取り組んでください。

若いセラピストの多い施設では、患者さんもしくは利用者さんに対してタメ口の言葉遣いが聞かれることがあります。

セラピストとして治療技術は大事ですが、社会人として働くのであれば、言葉遣いにも気をつけなければなりませんね。

興味のある方はご覧下さい。

入社1年目の教科書:「そうっすよね」的、“ 丁寧なタメ語 ” に要注意 ! 敬語は外国語のつもりで覚えよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

アーカイブ