平野文さんに学ぶ、聞き取りやすい声を出すためのコツ

PA075249

ライフハッカー[日本版]で、聞き取りやすい声を出すために参考になるページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

文さんが、まず声は3つの種類があると教えてくれました。それは「素の声」と「家庭の声」と「公の声」です。

(省略)

「素敵な声とは、クリアでマイルドな声。これが素敵な声の正体だったんですね。だから、どこかに素敵な声をもっている人がいるというわけではなくて、いつも誰もが普段使っている声のちょうど真ん中ぐらいのところに素敵な声が存在していたというわけなんです。

(省略)

「公の声」というと、演説する人向けという感じがするかもしれませんが、要するにあの電話口で出してしまう声のことです。

  • いつもよりもはっきりと
  • でもやりすぎない

私も「公の声」で声を出していることが多いかもしれません。

外部講師をする際に、参加された方に対して聞き取りやすい声を出せるように、少しずつ練習していきたいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:平野文さんが「素敵な声」を解説。え ?  素敵な声は誰でも持っているんですか ? 〜 声のライフハック(4)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ