セラピストが純度の高い情報を手に入れる17の掟

R0014316

ライフハッカー[日本版]で、情報収集をする際に参考となるページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

  1. 情報は、多く持つ人の元に集まる。
  2. 情報は、時がたつと陳腐化、経年劣化する。
  3. 情報は、それが情報となり得るか、感性で決まる。
  4. 情報は、情報と認識されない限り情報ではない。
  5. 情報は、持っているだけでは意味がない。
  6. 情報は、自分からはやってこない。能動的にゲットする。
  7. 情報は、嘘をつく。
  8. 情報は、ひとつでは役に立たないものもある。
  9. 情報は、時には立体で見る必要がある。
  10. 情報は、時にはお金を出して買うことも必要である。
  11. 情報は、時にはすべてを捨てる必要がある。
  12. 情報は、与えて、もらう。
  13. 情報は、思わぬところから漏れる。
  14. 情報は、秘密なものほど罠がある。
  15. 情報は、共有できるものとできないものがある。
  16. 情報は、瞬時に消えていくものである。
  17. 情報は、距離が大きくなると歪む。

勤務先での縦のつながりだけでなく、横のつながりを考えているセラピストの方に参考になるかと思います。情報に振り回されることなく、情報を制するようにしていきたいものですね。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:名企画を連発してきたプランナーが伝授するアイデア術 & 情報収集のための17の掟

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. Live Shell
  2. XZ-1
  3. ICZ-R50

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ