RICOH が GR DIGITAL III の機能拡張ファームウェア第4弾を公開

R0012573

RICOH が GR DIGITAL III の機能拡張ファームウェア第4弾を公開していますね。

今回の機能拡張ファームウェアで追加される機能は以下の通りです。

  • シャッターボタンの半押しで追尾対象を決定すると、カメラが自動で追尾してピントを合わせ続ける被写体追尾 AF を追加した
  • Fn. ボタンの機能割り当てに「AF/ 被写体追尾 AF」切り替え機能を追加。マルチ AF またはスポット AF と交互に切り替えられるようにした
  • シーンモード時に ADJ. レバーで設定変更可能な機能を追加。ダイナミックレンジダブルショット、クロスプロセス、ハイコントラスト白黒などで ISO 感度や画質などの設定を ADJ. レバーで変更できるようにした
  • マニュアルホワイトバランスの取込エリア選択機能を追加。基準として読み取るエリアを「全域」または「スポット」から選択可能にした
  • セルフタイマーのスタート後も電子水準器を表示するようにした

GR DIGITAL III は2009年に発売されましたが、現在も機能拡張ファームウェアによって性能が向上し続けているので、購入後も長く楽しむことができるのは素晴らしいですね。

RICOH が、GR DIGITAL III ユーザを大事にしているのを強く感じることができます。RICOH のユーザに対する姿勢は、オリンパスにとって参考になるのではないかと思います。

興味のある方はご覧下さい。

デジカメ Watch:リコー、「GXR」「GR DIGITAL III」機能拡張ファームウェアを公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

アーカイブ