M.Zuiko 25/1.8はパンチ力の弱いレンズなのか

P5116739

Photo of the day で、田中希美男さんが M.ZUIKO DIGITAL 25/1.8について書いています。

25mm F1.8レンズはフルサイズ判換算で50mm 相当画角の標準レンズである。描写性能は解像力も充分にあって決して悪くはないのだが飛びきりイイというわけでもなく、なんとなく印象の薄い、自己主張の弱い感じのするレンズだ。

F1.8というありふれた開放F値ではなく、F1.4とか、いいや F1.2だったらどれだけインパクトがあっただろうかと思う。一眼レフ用のレンズよりもミラーレス用レンズのほうが、より大口径レンズを設計しやすいはずだが、なぜかオリンパスは “F1.8” にこだわり続けているような気もしないでもない。もう一歩、踏み込んでほしかった。

先日のオリンパス・オンラインショップで3年間保証付きの発売記念セットを購入できなかったので次回のキャンペーンを待っているのですが、待っている間にもう少しだけ M.Zuiko 25/1.8と LEICA DG SUMMILUX 25/1.4 ASPH. H-X025のどちらのレンズを購入するか悩んでみたいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

Photo of the day:パンチ力の弱い25mm F1.8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. 今年の一文字

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ