聞く耳を持ってもらうために、セラピストは徹底して他職種のスタッフの話を聞くと良いかもしれない

R0015054

誠 Biz.ID で、相手に伝わる話し方について書かれたページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

  • 人の意見をまとめて、ひと言だけ自分の意見をつけ加える
  • 難しい話は、相手のプライドを考慮し「ご存知のように」をつけて話す
  • あまりに難解な話は、「自分もついこの間知った」と言う

セラピストは他職種のスタッフにリハに関する内容を伝えようとすると一方的に伝えてしまうことが多いかもしれません。

相手に自分の話が伝わっていないと感じているセラピストの方は、まずは徹底して人の話を聞くようにしましょう。

興味のある方はご覧下さい。

誠 Biz.ID:聞く耳を持ってもらうために、まずは徹底して人の話を聞く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. One Page Per Day
  2. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

アーカイブ