セラピストは、インターネット依存に対するリハビリテーションも考えるべきかもしれない

インターネット依存度テスト

ねとらぼで、インターネット依存度テストが紹介されていますね。

テストは、同センターの「ネット依存治療」について紹介するページに掲載されています。質問は「睡眠時間を削って、深夜までインターネットをすることがありますか」「配偶者や友人と過ごすよりも、インターネットを選ぶことがありますか」といった感じ。回答を選択肢から選ぶと20〜100点の間で結果を表示します。

私も試してみたら、結果は以下のようになりました。

インターネットがあなたの生活に重大な問題をもたらしています。すぐに治療の必要があるでしょう。

事前に予想はしていたのですが、予想通りの結果でした。

これからはインターネット依存に対するリハビリテーションも考える必要があるのかもしれません。この場合は理学療法ではなく、作業療法の分野になるのでしょうか。

興味のある方はご覧下さい。

ねとらぼ:ネト充の皆さん、「インターネット依存度テスト」やってみませんかっ !

久里浜アルコール症センター:インターネット依存度テスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. スフィアレンズ
  2. 3週間チャレンジ Part13 早起きをする・グラフ画像

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ