人形型 QUMA(クーマ)は、セラピストにとって便利なデッサン人形かもしれない

QUMA

ねとらぼで、QUMA(クーマ)が紹介されています。

筑波大学発のベンチャー、ソフトイーサは7月21日、 人形型の3D モーションキャプチャ装置のプロトタイプを公開した。人形にポーズを取らせることで、コンピュータ上の3D モデルに同じポーズを取らせることができる。

(省略)

この装置の基礎になっているのは、ソフトイーサが開発した3D 入力デバイス技術「QUMA」。

自由に結合できる関節センサーと、関節センサーからの信号を集約して多重化し USB 経由で PC に伝送するハード・ファームウェアから構成されており、今回のような人形型に限らず、いろいろな形状の動物に合わせた関節構成を組み立てられるという。

QUMA を組み込んだデッサン人形があれば、自分のイメージに合った姿勢や動作の画像ファイルを簡単に作成することができそうですね。

他職種の方を対象にした勉強会などで、動作の手順をまとめた資料が必要な時に便利かもしれません。お手頃な価格であれば購入しても良いかと考えています。

現在はプロトタイプが公開されている状態なので、今後、QUMA が正式にアナウンスされるのが楽しみです。

興味のある方はご覧下さい。

ねとらぼ:未来のデッサン人形? 3D モデルのポージングができる人型装置、ソフトイーサが開発

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. 「超」整理手帳 2012 バーティカル

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ