RICOH GR III 一問一答を見て、GR III への期待が天元突破

P5300976

デジカメ Watch に RICOH GR III に関する一問一答が掲載されています。

リコーイメージングは、フォトキナ2018に「RICOH GR III」を参考出品。来春の発売を予告している。その会場で、ご存じ “ミスター GR” こと野口智弘氏に話を聞いた。

(後略)

一昨日の RICOH GR III 開発のアナウンスの中で書かれていたレンズの構成枚数や手ブレ補正機構、撮像素子のゴミ取り機能、マクロモードなど、個人的に気になっていた内容についても書かれていました。

私が嬉しく思ったのは以下の部分です。

–「機能拡張ファームウェア」は今回もやりますか ?

野口:もちろん検討しています。

— GR ファンに一言お願いします

野口:GR 史上で初めて、レンズ、センサー、エンジンを全て新しくして、画質も操作性も含めて最高のものになるように取り組んでいます。期待していてください。

機能拡張ファームウェアの予定があるとのことなので、RICOH GR Digital と同様に RICOH GR III も末長く大事に使えるカメラになりそうです。本当に期待したいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

デジカメ Watch:【フォトキナ】リコー担当者に聞く「GR III」一問一答

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. LEICA DG SUMMILUX 25/1.4 ASPH. H-X025
  2. OM-D
  3. NO IMAGE
  4. OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II・チタンカラーモデル

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ