DFree は、利用者の生活の質(QOL)を改善するのか

P5170908

ITmedia ニュースで DFree が紹介されています。

2017年にサービスを開始した排せつ予知ウェアラブルデバイス「DFree」–。

(省略)

仕組みは、下腹部に装着したデバイス(超音波センサー)が大腸や膀胱の膨らみを検知し、ある一定の大きさになったら、Bluetooth 経由で専用アプリを入れたスマートフォンに “もうすぐ出る” タイミングであることをアラートしてくれるというものだ。

トイレのことを気にする利用者さんは多いので、スマートフォンを利用可能な方であれば、DFree でトイレのタイミングが分かるのは安心できるかと思います。

DFree がスマートウォッチへアラートしてくれるようになれば、更に便利に活用できるかと考えました。

現在、排便予知ができるデバイスも開発中とのことなので、こちらにも期待したいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

ITmedia ニュース:「排せつ予知」に世界が注目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. WorkFlowy
  2. NO IMAGE
  3. デジ造映像版 R

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ