デジカメのメモリカードでセラピストは解雇されるのか

デジタルカメラのメモリカードを不正に利用したとして解雇された研究者について書かれたページがあります。

(前略)

K 氏がした問題の行為とは、市販の復元ソフトを使って女性たちから借りたメモリカードに残る「消去したはずの写真」を復元し、個人の PC に取り込んでいたことでした。

(省略)

デジタルカメラで行うメモリカードのデータ消去方法には、「1枚消去」「全消去」「初期化(フォーマット)」がありますが、どの操作をしても画像データそ のものは消えません。最近では、この危険性を鑑み、デジタルカメラ本体でデータそのものを「完全消去」できる機種が増えているようです。

(後略)

セラピストの方であれば、リハ部門でデジタルカメラを新規に購入した場合、それまで使用していたデジタルカメラのメモリカードのデータについては、完全消去する事を忘れないようにするべきでしょう。

そしてスーパーバイザーをしているセラピストの方であれば、PTS や OTS が実習中に資料として撮影するデジタルカメラのメモリカードのデータについても、実習終了時に完全消去する事を忘れないようにするべきでしょう。

デジタルカメラのメモリカードで、セラピストが解雇される事のありませんように。

興味のある方はご覧下さい。

不正事件に学ぶ社内セキュリティの強化策:デジカメのメモリカードで解雇された研究者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. ICZ-R50

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ