結果を出す組織の一員となるためにセラピストができること

R0014605

ライフハッカー[日本版]で、結果を出す組織にするための個人に求められる能力について書かれているページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

  • 過程ではなく結果で満足感を得る
  • 自分が正しいことを証明するための作業をしない
  • 等身大の自分を受け入れる

「自己満足に陥らない」というのが、すべてに共通するキーワードになります。

「チームで結果を出す」ことによって満足感を得るようになると、チームが結果を出すために個人としても最大限の力を発揮できるようになります。それこそが、結果的に個人の評価を上げることにもつながるのです。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:結果を出す組織になるために個人ができること 〜 最強アマチュアチームの3つの習慣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. Fire TV Stick 4K

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

アーカイブ