時間がなくても、セラピストがとにかく仕事を進めるためのルール

PA303280

ライフハッカー[日本版]に、差し迫った状況での仕事のルールをまとめたものが紹介されています。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

  • ダラダラしない。アイデアをかたちにするのに1週間以上かかるようなら、そのアイデアはやめる。
  • 一度終わった仕事はもうやらない。
  • 失敗は仕事の数だけある。だからミスを恐れずに。

年末に向けて、書類整理やカンファレンスなどで忙しいセラピストも多いかと思います。そのような際には、このルールを思い出すと良いかもしれませんね。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:時間が無くても、とにかく仕事を進めるための13のルール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ