厚生労働省が、第13回ケアマネジャー試験の合格率を公表

PC240087

介護新聞(平成22年12月23日付)に、第13回ケアマネジャー試験の合格率について書かれた記事が掲載されていたので紹介します。

厚生労働省は第13回介護支援専門員実務研修受講試験(10月24日実施)結果を公表した。合格率は前回比3.1ポイント減の20.5パーセントに低下。これまで最も低かった第9回の20.53パーセントを下回り過去最低を更新した。

全国で139,959人が受験し、28,703人が合格。累計合格者は538,690人と50万人を越えた。

(省略)

本道の今回受験者は7,632人、合格者は1,509人。合格率は19.8パーセントと全国平均を0.7ポイント下回った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ