セラピストが、利用者さんとの会話を上手に長続きさせる秘訣

R0015131

ライフハッカー[日本版]で、会話を上手に長続きさせる方法について書かれたページがあります。

私が参考にしたいと思ったのは以下の内容です。

単純に繰り返すこと、相手が言った最後の2〜3語を繰り返すことで、共感の中にも質問のトーンを含ませることができます。相手のコートに正しい会話のボールを打ち返すことができるのです。

自分が相手の言うことを聞いていて、興味があって、もっと話を聞きたいということを示せます。自分が知っていることだったとしても、驚くほど効果があります。

「驚くほど効果がある ?」

「はい、そうです」

「そうなの ?」

口数の少ない利用者さんや患者さんとの会話をする際に覚えておいても良いかと思います。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:交渉人が使う「会話を上手に長続きさせる秘訣」は日常生活でも驚くほど効果あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. Apple AirMac Express ベースステーション MC414J/A
  2. Companion 20 multimedia speaker System

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

アーカイブ