けあサポの林和美さんの第16回ケアマネ試験・保健医療サービス分野の総評

P3225855

けあサポの林和美さんが、第16回ケアマネジャー試験の保健医療サービス分野の総評について書いています。

「保健医療サービス」は、やはり出題のスタイルがわかりやすくなりましたね。

しかし、一方で中央法規出版の解答速報と違った解答速報をしていた会社さんもあったようです。解答速報にバラツキがあったのは、問題26と問題45ですね。

以前と比べて設問スタイルが本当にスレンダーな感じがしますが、言葉の幅が広すぎて、問われている範囲の解釈をどの程度にするのかがポイントでした。

先ほどの問題45の選択肢1は、「高齢者の介護施設」「介護事故」の範囲をどうとらえるのかということがあります。

特別養護老人ホームの事故調査報告とかはありますが、「高齢者の介護施設」は「介護保険3施設」のことでしょうか ? また「介護事故」の定義も「転倒」「転倒して骨折」「誤嚥性肺炎」のほか「感染症」は事故に含めるのか ? という定義の仕方で「最も多い事故件数」というのは、微妙に変わってくるようです。

問題45の選択肢2、「通所リハビリテーション」は医療保険でも、介護保険でもとあります。一般的には、医療保険で利用できる「通所してのリハビリテーション」があるのでは・・・、と考えたりすると、選択肢1の「介護事故」を「×」にして、選択肢2を「○」にしたいところですが、選択肢2は基本テキスト第2巻98頁に表としてまとまっていますね。

医療保険で「通所リハビリテーション」はないんです。

保健医療サービスの知識でも、「基本テキスト」の理解が必要でしたね。

興味のある方はご覧下さい。

けあサポ:第32回(最終回) お疲れさまでした !

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. どんたく先生のケアマネジャー受験対策過去問題集 2010年度版

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ