次世代のフォーサーズへの長い待ち時間は、近日中に終わりを迎えるのか

R0014524

デジカメ info で、フォーサーズに関する記事が投稿されています。

  • オリンパスの寺田利之マネージャーは、次世代のフォーサーズカメラへの長い待ち時間が近日中に終わりを迎えるかもしれないことを示唆している。
  • 「我々は今年中にフォーサーズ & マイクロフォーサーズのための製品を造りたい。なぜならば、我々は、SHG レンズと HG レンズを所有しているユーザーのための製品を供給しなければならないからだ。E400や E500、E600シリーズの一眼レフを使っている人もおり、我々は彼らが写真を楽しみ続けられる製品を造らなければならない」
  • 「(上記の4/3ユーザーにとって)AF 速度は重要で、そして適切なファインダーが必要だ。また、4/3と M4/3の利点はコンパクトなことなので、適切なサイズであることも必要だ。我々は彼らのためにこれらのものを造らなければならない。一眼レフの利点の1つは、コンティニュアス AF で、この点で、我々は将来のカメラで総合的な AF 性能を約束する」

先日の CP+2013でオリンパスの発表内容に記されていた NEXT-E とは、これらのことを示しているのでしょうか。

興味のある方はご覧下さい。

デジカメ info:オリンパスが今年中を目処に4/3ユーザーのための新製品を開発中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II・チタンカラーモデル

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ