第13回ケアマネジャー試験問題の特徴的な傾向

R0013740

介護新聞のケアマネ受験対策講座(1)にて、昨年の第13回ケアマネジャー試験問題の特徴的な傾向について書かれていたので紹介したいと思います。

昨年度の問題は、細かく紛らわしい問題が多く、重箱の隅をつつくような感じでした。介護支援専門員がここまで細かく覚える必要あるかなあと思うのですが、出題者はあまり基本的な問題ばかりだと差がつかないと考えるのでしょうか。

例えば、労災保険の給付内容(問題3)、低所得者対策の内容(問題7)、介護保険審査会(問題13)などは、ケアマネジメントの骨格というより細部にこだわった問題で、難問の類でした。はじめに、そんな傾向の問題を挙げて腕試ししてみましょう。個人的にはひねくれた問題だと思うので、できないからといって気にする必要はありません。基本的な問題も多く出題されているので、むしろそこを落とさないようにすることが合格への道です。

第14回ケアマネジャー試験を受験される方の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. 2013年版 U-CAN(ユーキャン)のケアマネジャー これだけ ! 一問一答集

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ