リハ実習生がスーパーバイザーから的確なアドバイスを得たいなら、質問力を磨くと良いのかもしれない

P5064482

ライフハッカー[日本版]で、的確なアドバイスをもらうために参考となるページがあります。

よい質問をするということは、相談相手との会話からより多くのものを得るということ。

(省略)

また、曖昧な質問は、ろくにリサーチもしないで安易に相談しているとの印象を与え、相談相手をイライラさせることがあります。

(省略)

質問を絞り込むことは、相談相手の時間を尊重していることを示すことでもあります。

臨床実習中、リハ実習生(PTS・OTS)はスーパーバイザーからのアドバイスを欲しいと思うことがあるかと思いますので、そのような際にも参考になるかと思います。

スーパーバイザーは自分の担当患者さんもしくは利用者さんのリハをしながら、リハ実習生への指導をしなければならないので、特に忙しく時間に余裕がありません。リハ実習生は彼らの時間を尊重することも大事なことかと思います。

リハ実習生がスーパーバイザーから的確なアドバイスを得たいなら、質問力を磨くように心掛けると良いかもしれませんね。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:キャリアアップにつながるアドバイスを得たいなら「質問力」を磨くべし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. Sominin

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

アーカイブ