リハの文献を読むのであれば、3番目の言葉の法則は便利かもしれない

P7032381

ライフハッカー[日本版]で、文章の基本的な概要をつかむことについて参考になるページがあります。

速読のやり方に「3番目の言葉の法則」というのがあります。

すべての行の最初と最後の2つの言葉を飛ばして読む(3番目の言葉から読み始め、後ろから3番目の言葉までしか読まない)と、必要な情報はきちんとくみ取りつつ、文章により早く目を通すことができるのだそうです。

(省略)

この法則のすばらしいところは、長い文章でも短い文章でも同じように機能するところ。パソコンの分厚いトリセツからちょっとしたコラムまで、すべての行の言葉を4つ飛ばすだけで、全体ではかなりの量を端折ることになり、読む時間を節約できます。

リハの文献などを読む際に試してみたいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

ライフハッカー[日本版]:文章の概要をザックリとつかむ速読法「3番目の言葉の法則」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

関連記事

  1. Echo Dot with Alexa

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

毎年、ケアマネジャー試験で出題される問題は基本テキストが出題範囲の基準となっています。第20回ケアマネジャー試験合格を目指す方の必読の書です。

アーカイブ